前立てボタンフライ

みなさん、こんにちは😊
いつも、Banby&Tomのブログをご覧いただきまして、ありがとうございます。

連日の猛暑!
一歩外に出るだけで、汗が噴き出てきますね💦
水分をこまめにとって、熱中症対策をなさってくださいね。

今日は先日オーダーいただいたお客さまの拘り、
『前立てのボタンフライ』について、語ります!

ボタンフライとは、パンツの前立て部分を、ファスナーではなくボタンで開閉するようにした仕様です。
さらに、「パンチェリーナ」という仕様も施すことで、前立てが下がるのを防止してくれて、
お腹を包み込んで引き締め、綺麗なパンツのラインをキープしています。
「パンチェリーナ」とは、イタリア語で”腹巻”という意味で、
パンツのウエストを内部から固定するために付いている持ち出し部分のことです。
内側を止めるボタンを2つにするこの仕様は、イタリア職人的用語で「ドゥエ パンチェリーナ」といいます。

デニムなどのカジュアルなパンツに多く見られますが、
スーツでもビンテージスーツなどはボタンフライが多いのです。
シルエットはファスナー仕様のものと変わらず、外から見ると違いは分かりませんが、
見えないところにこだわるのって粋ですよね。

バンビートムなら、細かい拘りやご相談にも来店不要で、メールやお電話でご相談に乗ります☆
是非、お気軽にバンビートムまでお問い合わせください!!